バイアグラはEDに対して高い治療効果が得られることが知られていますが、それと同時に副作用に関しても話題になっています。確かに副作用は様々発症しますが、正しい使用方法をすることで抑える事ができる副作用もあるので、一度バイアグラの正しい情報を確認してみましょう。いつかバイアグラを頼る際に、この知識が活かされるはずです!

病室と女の人
  • ホーム
  • バイアグラジェネリックにも同じ副作用はある?

バイアグラジェネリックにも同じ副作用はある?

青いカプセル

バイアグラは病院で購入できるEDを治すための薬ですが、保険が適用されないことが問題点です。
そのため先発医薬品のバイアグラを購入すると、高い料金を支払うことになります。
バイアグラはサプリメントではなく、医薬品に該当するために副作用があります。
勃起力を回復させるために血管を広げて血液の流れを良くすることで、勃起不全を解消する薬です。

先発医薬品よりも安く購入できる薬としてジェネリックがあり、海外では様々な種類のものが開発されています。
バイアグラのジェネリックとして代表的なものにカマグラがありますが、成分や製造方法は同じです。
使用している有効成分がバイアグラと同じということは、発症する可能性がある副作用も同じと言えます。
そのためにジェネリックのカマグラを購入するときも、バイアグラと同じように副作用に注意しながら飲むことが大切です。

副作用として現れる可能性がある症状はバイアグラと同じで、目の充血やめまい、吐き気、胃痛症状などです。
薬が持っている血管拡張作用に付随して発生する症状が現れることがありますが、多くの場合で効き目の有効時間が経過すると症状は治まります。
バイアグラは4~5時間ほどで効き目が切れる薬で、カマグラも同じ有効時間です。

サイトで販売されているジェネリックは安く買えることが特徴ですが、粗悪品が混ざっている可能性もあります。
副作用の発症率が高くなるかまではデータがありませんが、医薬品である以上は自分の体質に合わなかったときに、体に何らかの異変が現れる場合があることを把握しておくべきです。

5時間以上が経過しても体に発生した異変が治まらないときには、病院に行って検査を受けたほうが良いでしょう。
住んでいる場所の近くにある泌尿器科に行って診察を受けても良いですが、EDに関して詳しい知識を持っている専門のクリニックの場所がわかるときには、専門病院のほうが詳しい検査を受けることができます。

ジェネリック医薬品は何故安価で販売出来るのか

バイアグラと同じ効果を持つジェネリック医薬品カマグラが、安く購入できるのは何故でしょうか。
ジェネリック医薬品とは「後発医薬品」のことであり、新薬の特許期限を過ぎた後に販売されるものです。
通常、新薬の開発には9年から17年ほどの長い期間がかかります。
この間に様々な臨床試験等が行われ、有効成分の効果や安全性などが確認された後に医薬品として販売されるようになるのです。
新しく開発された薬には特許があり、20年から25年間ほどの期間、開発会社が独占的に製造販売を行なうという仕組みになっています。

ジェネリック医薬品はこの特許期間が過ぎた後に、同じ有効成分を用いて開発される薬です。
成分の効果や安全性等が確認された後に作られるため、開発にかかる期間は3年から5年程度だといわれています。
先発医薬品よりも非常に短い期間で開発することが可能なため、販売までにかかるコストを安く抑えることができます。
こうしたことから、ジェネリック医薬品の価格は新薬の2割から5割程度になるよう国によって定められています。

バイアグラに限らず、様々な医薬品についてジェネリック医薬品が開発されており、病院で処方を受ける際に申し出れば切り替えることが可能です。
ただし全ての医薬品についてジェネリック医薬品への切り替えが可能というわけではありません。
同じ成分を含むジェネリック医薬品であっても、健康保険で認められている適応症が異なる場合もあります。
ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ成分を使用していますが、薬のコーティング等に使用される添加物に違いがある場合もあります。
このためジェネリック医薬品への切り替えを希望する際には、副作用のことなども含め医師に相談をするのが良いでしょう。