バイアグラはEDに対して高い治療効果が得られることが知られていますが、それと同時に副作用に関しても話題になっています。確かに副作用は様々発症しますが、正しい使用方法をすることで抑える事ができる副作用もあるので、一度バイアグラの正しい情報を確認してみましょう。いつかバイアグラを頼る際に、この知識が活かされるはずです!

病室と女の人
  • ホーム
  • バイアグラの副作用が発生するまでの時間について

バイアグラの副作用が発生するまでの時間について

カプセルの薬

バイアグラは肉体的な問題からEDを発症した男性の陰茎を強制的に勃起させてくれる治療薬で、発売されると世界中でその効果の高さから評判になりました。
このバイアグラがEDの男性でも勃起を促せるのは、含まれている主成分が勃起不全の原因になっている血行不良を改善してくれるからです。
EDの男性の多くは体質的に血行不良になっていて、勃起をするためには陰茎内の海綿体の毛細血管に血液が流れ込まなければ生じないので、この流れ込む血流量が不足するために満足な勃起が出来ないのです。

バイアグラにはこの血液の流れの悪さを改善するために血管を拡張させる効能が有ります。
しかし、この血管の拡張は陰茎の周辺部だけで起きるのではなく体全体で発生するので、どうしても副作用が発症しやすいというのは否めません。
血管の拡張が体全体で発生すると心臓にも負担がかかるので動悸が変化したりします。
特に影響を受けやすいのは頭部であり、血管が拡張して血液の流れが良くなると引力の作用で血液が下がってしまうので頭部は血液量が少なくなるので血圧低下を招き、頭痛を発症しやくなるのは仕方有りません。

この頭痛が発症する時間はバイアグラの効果が出てからですので、個人差で多少の誤差は出てきますが服用して一時間後が多くなっています。
副作用から頭痛を発症してもバイアグラの血管拡張作用は効果が出ている時間に限られるので、時間の経過と共に軽減していきます。
しかし体質的に合わなかったり使用量が多かったりするとこの副作用も強くなってしまう可能性は否定出来ないので、どうしても我慢出来ないほどの状態になったら病院で診てもらって下さい。

頭痛だけならまだいいのですが、この血圧低下は心臓に持病を抱えていたり貧血を普段から発症しやすい人では重症化することも有り得ます。
現実的にこのバイアグラが発売された当初は他の薬を併用したりして死亡例も出ています。
そのため、いくら多くの人が使っていて効果が高いと言われていても、そこには体質や病気の有無などで発症する副作用も一律ではないということだけは常に心掛けて服用して下さい。

バイアグラを服用して心臓に関する副作用に注意

バイアグラは血管を拡張するよう働きかけ、陰茎内の血流を良くすることで勃起を促す効果があります。
この効果は陰茎以外の全身の血管にも作用するため、副作用が生じる場合があります。
主な症状としては「頭痛、めまい、胃もたれ、顔のほてり」などが現れます。

心疾患を引き起こすような副作用は、バイアグラが発売されて15年以上経った現在においても確認されていないため、バイアグラによって心疾患が誘発されるような可能性は極めて低いと考えて良いでしょう。
バイアグラの副作用については服用後、薬の効果とともに現れ、効果の消失とともになくなる、つまり服用後6時間ほどでおさまるものなので、過度に気にする必要はないものです。
ですが長時間副作用が現れる場合や、重度の症状が出たときには病院に相談することが大切です。

バイアグラには心疾患を引き起こす副作用はありませんが、心臓病の治療薬として使われることのある「降圧剤」と共に服用した場合、血圧が極端に下がり、命の危険があることもあり注意が必要です。
また一部の抗不整脈薬との併用も危険であるため、事前に医師に服用薬を知らせ十分に確認をしておくことが大切です。

また心臓に関する疾患をもつ人がバイアグラを使用する場合、たとえ副作用の問題がなくとも、性行為が過度の運動となり、心臓に大きな負担をかける場合があります。
そのため医者に激しい運動を止められているような方は、たとえバイアグラの副作用が心臓に影響はないといっても服用するべきではないでしょう。
一方で、過度の運動制限がないのであればバイアグラを服用することは可能です。
軽い運動制限がある人であれば、性行為中の体位を工夫するなどすれば運動量はコントロールできるため、バイアグラを使用して性交渉を行うことは十分可能です。